燃焼灰の掃除

ペレットストーブの燃焼室には、木質ペレット全体量の0.5%程度の灰がたまります。

2~3日に1度、灰の掃除をしていただきたいです。

専用の集塵機のご利用をお奨めしております。

 

順に画像の解説をします。(ペレットストーブはさいかい産業SS-1)

 

まず、灰がこぼれないよう、床に敷物を敷いてください。

扉を開けたところです。

燃焼室の下に灰の受け皿がありますので、

ブラシで灰を落としてください。

燃焼ポッドを取り出します。

燃焼ポッドの底に、クリンカと呼ばれる固形物がたまりますので、掻き出してください。

クリンカがたまると、灰が受け皿に落ちなくなり、上手く燃えなくなります。

灰の受け皿を引き出します。

灰は肥料にしても良いですし、家庭ごみとして出すことも出来ます。


ペレットストーブ吸排気管の掃除

シーズンオフに排気管の掃除をお願いいたします。

ご依頼いただけたら、私達が承ります。 (有償とさせていただきます)